カンジタによる炎症

MENU

カンジタによる炎症

 

カンジダというのは、真菌(カビ)の一種で、女性の2割ほどがもともと膣の中にもっているといわれています。
このカンジダが何らかの原因で異常に増殖してしまうと、おりものに変化がおきたり、陰部にかゆみを感じてしまいます。その状態が炎症している状態になっており「カンジダ膣炎」という感染症となってしまいます。感染症といっても、個の場合は性感染症ではなく、性行為がなくても発症してしまうものです。カンジダが異常に増殖してしまい炎症を起こしてしまう原因の多くは「体の抵抗力が落ちること」です。風邪を引いたり、疲れが溜まりすぎるなど、身体に負担がかかっている場合に、おりもの(ポロポロとした酒粕状や黄緑色っぽいもの、チーズのようなもの)が増えてしまい、それによって痒みや、ピリピリするような痛み、赤く腫れてしまうなどの症状が出てしまいます。中には睡眠を妨げる程の激しい痒みを感じる人もいます。抵抗力が落ちるだけでなく「生理前」にも症状が出る場合もあります。生理前は黄体ホルモンが出やすくなる影響で膣内が酸性に傾きやすくなります。その状態を好むため、増殖してしまい症状が出ることもあります。この場合は生理が終わったら症状も落ち着きます。症状が辛かったり、何度も繰り返すようであれば、市販されている塗り薬に頼らずに婦人科で診察を受け、相談・治療をしていくことが大切です。