爪水虫を防止する際の心がけについて

MENU

爪水虫を防止する際の心がけについて

 

爪水虫は爪の見た目が悪くなるだけでなく、一度感染すると完治まで時間が掛かり、他の人にも感染させるおそれがあります。そのため、爪水虫になる前の防止が肝心になります。水虫は皮膚に白癬菌が寄生することで引き起こされる感染症です。主に接触により感染するので、水虫の人が残した白癬菌に触れないように掃除をこまめにし、サンダルやスリッパなどの履物を共有しないようにしましょう。また家族に水虫の人がいる場合、お風呂の足ふきマットなどは湿気で繁殖した白癬菌が移る可能性がありますので、使い回すことは避けたほうがいいです。ただし、白癬菌に触れたからといってすぐに水虫になるわけではありません。白癬菌が皮膚に付着してから、中に住み着くまでには時間があるため、それまでに洗い流せば水虫になることはないのです。なので、入浴の際に足の指まで石鹸でしっかりと洗うことを心がければ、水虫になる可能性はぐんと低くなります。足を綺麗に洗ったあとは、しっかりと乾燥させましょう。指の間などに水分が残っていると、白癬菌の温床になってしまう場合があります。同様に靴下やストッキング、靴が湿っていると水虫になる危険があるので、できるだけ清潔で通気性がいいものを着用するようにしましょう。